• TOP
  • ブログ
  • 歯医者さんが伝えたい「食育」のお話
  • BLOG

    2018-06-15

    Project

    歯医者さんが伝えたい「食育」のお話

    こんにちは

     

    なないろ歯科・こども矯正歯科クリニックです

     

    私たちは「食育」に力をいれています

     

    みなさんは、「食育」と聞いて何を思い浮かべますか?

     

    どんなお野菜を食べたらいいのか

     

    どんな栄養を摂取したらいいのか

     

    どのように料理したらいいのか

     

    そのようなイメージをお持ちではないでしょうか?

     

    もちろん、それも大事な「食育」なのです

     

    なないろ歯科・こども矯正歯科クリニックは、そこに新たな「食育」を提案しています

     

    それは、機能学的な「食育」

     

    上記のものは「栄養学的食育」と言えます



    よく、このような質問されます




    硬いものをこどもにあげるように言われたんだけど

     

    うちのこどもリンゴは噛み切れるけど、すぐ出しちゃうんです




    お口の中を確認させてもらうと

     

    まだ、奥歯が生えてきていない

     

    前歯は、ものを噛み切るために使います

     

    そして奥歯は噛み切ったものをすりつぶすために使います

     

    なのに!

     

    その奥歯がない〜

     

    そりゃ、食べてくれません

     

    というか、食べられません(笑



    このように、月齢に応じた、というか

     

    口の中に応じた食べ物があります

     

    そして、軟食が増えたり

     

    便利グッズが増えすぎて

     

    筋力、思考力いろんなものが低下してしまっています

     

    便利グッズって本当に不思議ですよね

     

    便利だけど、その便利さって

     

    誰の便利さですか???

     

    実は、その便利さって

     

    お母さんの便利さなんです

     

    実例を出しますね

     

    ストローがついたボトルありますよね

     

    商品によっては、握ったら飲み物が出てくるやつ

     

    お母さんは楽です

     

    これについてはこどもも楽です

     

    だって、ほとんど力を入れなくても飲み物を飲めますから

     

    だけど、本当は

     

    ・飲み物を吸う力

     

    ・1回に飲める量

     

    ・飲み物の温度

     

    など、判断できる能力を養って欲しいんです

     

    そう考えると

     

    理想は普通のコップなんですよね

     

    自分で持って傾ける

     

    飲み物が唇に触れて

     

    その飲み物の温度を察知する

     

    熱くなければ飲めるって判断できます

     

    そして、コップの傾け具合

     

    これは、飲み物が上唇にあたるまで傾けます

     

    乳幼児はこの上唇のセンサーが未熟なので

     

    コップを傾けすぎたり

     

    勢いよく傾けたりして

     

    飲み物をこぼしてしまいます

     

    飲み物によりますが、服についたりするとこれって面倒ですよね

     

    トマトジュースだったりを服につけると

     

    お母さんが落ち込みます(笑

     

    でも、最初少しだけ我慢して見守ってあげてください

     

    そのうち、正しい飲み方

     

    こぼさない飲み方を習得してくれます

     

    こどもって手助けなくても育つんですよね

     

    ちゃんと、お父さんお母さんをみながら育ってくれます

     

    だからこそ、お父さんお母さんがちゃんとした見本になりましょう

     

    便利グッズって案外高価ですし

     

    ほんのひと時しか使えないことが多いです

     

    なので、わざわざ買わずゆっくり気長に見守ってあげてください

     

    なないろ歯科・こども矯正歯科クリニックでは

     

    何かを強制する教育は基本的にはしていません

     

    世間では、○○は絶対してはいけない

     

    ○○は食べてはいけない

     

    などなどありますが

     

    どうしても、そういう規制が増えると

     

    せっかくの子育てが楽しいものじゃなくなりますよね

     

    私たちは



    努力目標



    と言っています(笑

     

    だって、今のお父さん・お母さんって忙しいですもん

     

    便利グッズのデメリットはしっていても

     

    もはやそれなしでは子育てはしにくいこともわかっています

     

    だからこそ、使わないのではなく

     

    使う回数を減らす

     

    それでいいんじゃないでしょうか?

     

    肩肘はらず、子育て、楽しみませんか???



    なないろ歯科・こども矯正歯科クリニックは

     

    セサミストリートクリニックのメンバーであり

     

    こども達が楽しんで歯医者さんにきてくれる仕組みがあります

     

    仲多度郡多度津町のみなさんはもちろん

     

    善通寺、丸亀のみなさん

     

    さらには高松、観音寺のみなさん

     

    新しい形の歯医者さんが7月18日にオープンです

     

    それに先立って7月14、15、16日に内覧会も予定しています

     

    内覧会でも様々なイベントを企画していますので

     

    是非お越しください

     

    みなさんの、来院、こころよりお待ちしています




    なないろ歯科・こども矯正歯科クリニック